花外楼 北浜本店TOP

カガイロウ キタハマホンテン

料亭・会席料理

北浜

基本情報

050-3460-2172

memo

0 / 500 文字

お気に入り
お店リストに追加しました
お店リストから削除しました

1830年創業の歴史を誇る老舗料亭。
四季の移ろいが味わえる伝統と洗練の日本料理をお楽しみください。

花外楼は天保年間、加賀の国、徳光村の伊助が
大阪北浜の現在地に「加賀伊」を開いたのが始まり。
「加賀伊」を有名にしたのは、明治8年、伊藤博文らの奔走で薩長土の士を集め、
世にいう”大阪会議”を開き、立憲政体の礎となったのが「加賀伊」です。
木戸孝允(桂小五郎)は会議の成功を祝って、新しく「花外楼」と命名。
以来、縁起の良い料亭としてご愛顧いただいております。

春は色とりどりの美しいバラ、夏は日差しを受けてキラキラ輝く水面、
秋は美しい夕焼け、冬は川辺に憩うゆりかもめ。
窓から臨む四季折々の風景と共に、日本の伝統が息づいたお料理を
お楽しみください。

こだわり1

会席料理客人の心を捉え続ける…進化の料理

奇を衒わず自然のままに…旬の味わいを盛り込み、時流を取り入れながらも、伝統と日本料理の本質を守る会席をご提供致します。

客人の心を捉え続ける…進化の料理

こだわり2

歴史がある明治8年(1875)「大阪会議」の舞台

日本の礎を築いた明治維新。誠実潔白な大阪の商い人であった創業者・伊助氏は厚く信頼を寄せられ、伊藤博文、井上馨、大久保利通、木戸孝允、板垣退助ら要人たちが“明日の日本”を司った「大阪会議」の会場となりました。木戸孝允の信頼と感謝の念が「花外楼」という命名に託されました。

明治8年(1875)「大阪会議」の舞台

こだわり3

空間にこだわる約4年の建て直し期間を経て再開業

3年8ケ月の歳月を経て同地で再開した北浜本店。全部屋から土佐堀川と中之島公園が望め、時に開放感、時に陰影美しく、室内を演出します。入口から客席までの導線にも物語を秘める趣。歴史を伝える調度品や書の数々。新館でありながら昔ながらの風格は健在です。

約4年の建て直し期間を経て再開業