2021年4月からの消費税総額表示の義務付けに伴い、価格が変更になっている場合があります。
ご来店の際には事前に店舗へご確認ください。

祇園 おかだTOP

ギオンオカダ

日本料理

祇園

基本情報

075-551-3200

memo

0 / 500 文字

お気に入り
お店リストに追加しました
お店リストから削除しました

料理人の矜持そのものである才腕に、惜しみなく力も時間も注ぐ。
記念日やお祝いに訪れたい一軒

店内28席の一夜を、全料理人が黙々と手を動かし、早朝からの仕込みで迎える。

そこに仕掛けられるのは無数の技。

一見シンプルに映る一皿には、口中に含んだ瞬間に重層的かつ圧倒的な印象が秘められる。

店主・岡田氏の料理には、“見えない仕事”が幾重にも隠されるのだ。
これこそが「祇園 おかだ」の醍醐味。多くの客人を虜とする由縁である。

開業から10年。風趣ある町並みに佇む一軒は、今や特別な日の特等席となっている。

こだわり1

看板料理象徴的な一品、すり流し

鰹と昆布。旨味成分であるグルタミンとイノシンの相乗に、プラスαのエレメントを加味する。それが岡田氏の妙手。鱧やオコゼの深み、蕪や銀杏の滋味は、奥行きと広がりを一皿に与える。椀物のすり流しはその象徴的な一品だ。巧みな演算で導く風合いは、豊かでいて圧倒的。歓喜のひと口が待っている。

象徴的な一品、すり流し

こだわり2

おもてなし供する時間を逆算し、手をかけてゆく

岡田店主自ら錦や中央市場へ足を運ぶ。馴染みの卸とは阿吽の呼吸で、対馬や山口の喉黒を評し合う間柄だ。店へと舞い戻れば早速仕込みへ。鱧は威勢よく捌かれ、鯵や細魚は開いて塩を打つ。瑞々しい京野菜はひとつずつ包み変え、適温へと保管。目利きと技術で支える舞台裏に、四季の香りが立ち昇る。

供する時間を逆算し、手をかけてゆく

こだわり3

贅沢なひと時風情に満ちた一軒家。格別なひと時を

石畳に犬矢来が趣きを魅せる祇園甲部。入り口を抜けると、黙々と手を動かす料理人たちが、静かな高揚を伝える。約100種の一品料理を思い思いに愉しむカウンターは檜の一枚。店奥や上階ではおまかせ料理を味わう客人が静かな時間を過ごす。「2つの味」を生み出す一軒に、今宵も美食家たちが集う。

風情に満ちた一軒家。格別なひと時を